私が消えてしまう町だから私が誰より輝ける

© 2017 HEY GIRL.

私の名前を呼ぶ人間が最も少ないであろう場所で、私は大いに腕を振って、肩で風を切って歩いた。

あんなに臆病で卑屈で伏し目がちに歩いていた私が。

知らない。知らない。あの人も。この人も。みんな知らない。知られていない。

たのしい。

ここはとても楽しい場所だ。

あの国にはなかった、こんなところは。

丸一日空を飛ぶだけで、こんなにも心地よい世界に来られるのなら、もっと早くに来ていたらよかった。

目標ができた。

私はここに住もう。

そのために、そのためだけに、あのゴミを溜めた世界で生きて、お金をためよう。

ここでならわたしはわたしのままで、わたしのためだけに生きていられる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です