「ひとは、そうかんたんにはしなないものだよ」